ホーム > 研修会・学会の案内

徳島県看護協会教育計画

教育理念

保健医療福祉の動向や、社会のニーズに対応できる継続教育の体系化を図り、看護職が主体的に自己研鑽、キャリア開発に取り組み、専門的能力を育成することを支援する。


研修イメージ

教育目的

  1. 専門職として、質の高い看護サービスを提供するために、必要な能力の向上を図る。
  2. 専門職として、生涯にわたり、自発的に学習を継続する態度を育成する。

教育目標

  1. 質の高い看護実践能力を育成する。
  2. 社会環境の変化に対応できる専門能力を育成する。
  3. 専門領域のケアの向上に必要な研究能力を育成する。
  4. 看護職に必要なリーダーシップ能力、マネジメント能力を育成する。
  5. 個人のキャリア開発のために、主体的に学習する意識を高める。
ページの上に戻る

各レベル指標と目標

経験年数および組織での役割等により学習段階を設定しています。
新人研修
基礎教育終了直後からおおむね1年までの新人看護職を対象とする。
すべての新人は、この教育を受けるよう自ら参加し、自己研鑽を続けていく責務を持つ。
スケジュールを見る
ジェネラリスト研修
特定の分野・領域、働く場や形態にとらわれず、あらゆる対象者に対して、従事した領域で、直接、質の高い看護サ-ビスを提供することを志向する看護職を対象とする。
スケジュールを見る
スペシャリスト研修
特定の分野・領域において、専門性の高い看護実践を提供する看護職を対象とする。
スケジュールを見る
管理者研修
多様なヘルスケアニーズを持つ個人、家族及び地域住民に対して、質の高い組織的看護サービスを志向する管理者を対象とする。
認定看護管理者教育課程等がこれに相当する。
スケジュールを見る
指導者・教育者研修
施設内において、継続教育の責任を担う者、部門や部署の教育を担う教育の担当者、新人看護職員研修における研修責任者・教育担当者・実地指導者、看護学生を指導する実習指導者などを対象とする。
スケジュールを見る
*ジェネラリストの定義はJNAのものに準ずる。
*日本看護協会が提示している実践能力に応じた学習段階設定とは異なります。

ページの上に戻る

受講者の看護実践能力に応じた学習段階設定

 看護実践の段階は、看護職の実践能力を4つの段階に分けたものである。その実践能力は〈看護実践能力〉〈組織的役割遂行能力〉〈自己教育・研究能力〉の3つの側面より構成されている(平成14 年度ジェネラリストのためのクリニカルラダー:日本看護協会基盤整備研究)。この指標を用いて、それぞれの看護職が自らの実践段階と対比させ、自身が学ぶべき学習内容を含んだ研修を選択できるよう提示した。
指導や教育のもとで、基本的な看護を安全に実践できる。指導を受けることにより自己の学習課題を見つけることができる。
看護実践の場面において単独で看護を提供できる。チームリーダー的役割や責務を認識し遂行できる。自己の学習課題に向けた学習活動を展開できる。
高度な看護活動を実践でき、かつ他者にモデルを示すことができる。自己の学習活動に積極的に取り組むのみならず、指導的役割を発揮できる。
論理的かつ実践的知識を統合して、卓越した看護を実践し、所属を超えてリーダーシップを発揮できる。自己の学習活動はもとより組織的な教育・研究活動を主体的に実践できる。

ページの上に戻る
公益社団法人 徳島県看護協会