ホーム > 看護協会とは?
徳島県看護協会は、県内の保健師・助産師・看護師・准看護師で構成する看護職の専門職能団体です。県民のみなさまの健康と福祉の増進、看護職の資質向上に取り組み活動しています。会員数は約4400人で、看護職の資格を有する方ならどなたでも入会できます。
  • 会長ご挨拶

  • 事業概要・沿革
  • 組織図
  • 役員紹介
  • 情報公開

会長ご挨拶

 公益社団法人徳島県看護協会では、平成29年6月3日に平成29年度の通常総会を、多くの会員の皆様の御出席並びに御協力の下、開催することができました。また、日頃から御支援をいただいています徳島県知事、徳島県医師会長を始めとする御来賓の出席を頂くこともでき、看護職に対するエールをいただきました。この場をお借りして、皆様方に厚くお礼を申し上げます。誠にありがとうございました。

 平成29年度から、総会で御承認いただきました新役員体制がスタートしました。森山節子前会長、役員および会員の皆様方が築いてこられた伝統や理念をしっかり受け継ぎ、公益社団法人である看護職能団体として、積極的に事業を進めてまいります。

公益社団法人 徳島県看護協会 会長 多田 敏子
平成29年6月
公益社団法人 徳島県看護協会
会長 多田 敏子

 公益社団法人徳島県看護協会のミッションは、医療の一翼を担う看護の職能団体として、徳島県民に質の良い看護サービスを提供すること、そのための力を看護職がつけるのを支援することと考えています。そして、何よりも、全ての看護職が、誇りを持ち、やりがいを感じながら職務を遂行できるのを支援できる職能団体でありたいと思っています。今後さらに、少子化が進む中、次の世代に看護職を選んでもらえるよう、看護の魅力を発信していきたいと思います。

 公益社団法人日本看護協会は、2025年に向けた看護の挑戦として、「いのち・くらし・尊厳を守り支える看護」を挙げています。徳島県看護協会は、日本看護協会と連携しつつ、徳島県の地域性を反映した事業を展開してまいります。

 平成29年度の総会で、以下の重点目標並びに新規事業が承認されました。

【重点目標】

   地域包括ケアにおける看護機能の強化
   専門性を高める生涯教育の推進と看護基礎教育制度改革の推進
   健康で安全に働き続けられる職場環境づくり
   社会の期待に応える地域活動
   本会の目的を達成するための基盤整備

【基金による新規事業】

   訪問看護等提供体制の整備(訪問看護全県展開応援事業)
   看護人材確保のための基盤整備(AWAナースサポートセンター事業)

 これらを推進するためには、会員の皆様方はもとより、関係機関、地域の皆様方の御理解と御協力が何よりも大きな力になります。今後のご支援、ご協力のほどをお願い申し上げ、ご挨拶とさせていただきます。

ページの上に戻る
公益社団法人 徳島県看護協会